退行期は一番短い期間

男性の薄毛治療でも女性の脱毛の施術でも毛周期というものを知っておく必要があります。

毛が成長していく成長期。
毛の成長が止まり、抜け落ちていく休止期。

この2つの期間についてはわりかしご存知の方も多いと思いますが、
成長期と休止期の間に退行期と呼ばれる期間があるのはご存知でしょうか?

成長期が終わった後、毛九が縮小して毛を成長させていた毛母細胞での細胞分裂が減少して、毛乳頭と毛母細胞の位置が離れていきます。そして、皮膚内に残った毛根が徐々に押し上げられていく期間を退行期と呼びます。

ようは毛乳頭から栄養を受け取らなくなった期間ということですね。
他の毛周期と比べると2~3週間という短い期間で次の休止期にうつります。

ちなみに成長期は男性だと3~5年、女性は4~6年。
休止期は3~5ヵ月とされています。

こう見ると成長期がいかに長いかがわかりますね。
薄毛はこの成長期が短くなり、髪が十分に成長しないうちに起こってしまうんです。
無料カウンセリングの時にわりかし細かく説明していただけると思うので、注意して聞いてくださいね。

男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンが原因であるとか、
アルコールの大量摂取も髪の成長を妨げるとか…
薄毛には色々な原因があることを聞かされます。

自分がなぜ薄毛になっているのか?どうすれば改善できるのか?
自毛植毛をすれば本当に一生ハゲにならないのか?
AGA治療薬を服用したほうがいいのか?

その判断は基本的に医師が行ってくれますが、
全て言われるがままにするのではなく、ある程度自分でも知識をつけておいたほうが良いですよ。

私の父は言われるがままに治療を続けていたら治療費が半端じゃない額になっていましたから…

まぁ、難しいことを考えるのは面倒くさいからお金を余分に払う!と割り切ってみるのも良いと思いますけどね。
薄毛の治療をする際は本当に髪が生えてくるのか心配だと思うので、ほとんどの人は嫌でも勉強したくなるでしょう。

高いお金を払って一時的にしかハゲが治らなかったら嫌でしょう。

ましてや自毛植毛なんて本当に髪が抜け落ちないか不安で仕方ないはずです。
後頭部の毛を頭頂部にはりつけたらいずれ抜けて生えなくなるだろ…って思うはずですけどね。

何の疑問を持たなかった人は素直すぎるので少しは人を疑って生きたほうがいいですよ。この世界は割と人の気持ちをまったく考えない人がたくさんいますから。

函館に2年ぶり帰郷、友人がクリニックでインターンはじめてめちゃキレイになっててビックリ!!

今年の夏休みは実家に帰りました。

いま大学2年なんですが去年は上京したばっかってこともあって帰らなかったんです。こっちで遊びたかったし。なので2年ぶりの地元の夏です。
冬には帰ったんですけど、冬は帰省ラッシュからタイミングをずらしたので地元の友人との再会は約1年半ぶりになりました。

変わった人も変わってない人もいてすごい面白かったです。

東京に来てる子もいっぱいいるけどLINEとかのやりとりで済む用事だとなかなか会わなかったり、あと大都会だけにそうそう町ですれ違うこともなく、結局地元での再会となりました。

美容系の学校に行った子がインターンで働きはじめていて、その子がみちがえるようにきれいになっててびっくりしました。

なんでもインターンで美容クリニックで働いてるんだそうです。私はエステみたいなものかなって程度の認識でしたが、地元のみんなはもっと「???」って感じでした。

その子は脱毛やニキビ、シミのケアをするクリニックで働いていて、自分でも全身のムダ毛の処理をしてもらったそうです。なんと施術のモニターになるってことでタダだったそうです。普通にお金払うと何十万円もするんだそうで、本人はお得!って言ってました。

実際にその子がムダ毛を処理してもらってる様子とか、術前術後の様子みたいのがクリニックのサイトにのるんだそうです。腕をみせてもらったんですが毛穴もなくなっててみんなびっくり。

医療用のレーザーをあてて毛の根元の毛根細胞自体を取り除くから、毛穴自体がなくなるんだそうです。

なんか痛そうだなって思ったんですが痛みは人それぞれらしいです。痛い人には麻酔クリームっていう塗る麻酔があってそれを塗るんだとか。ただ痛みというよりパチン!っていう衝撃みたいなものはあるって言ってました。

実家は北海道の函館というところなんですが、今回新幹線と特急の乗継で帰ったら6時間以上かかりました。受験のときとか飛行機だったので「これは飛行機のほうが早いな」と思い、次から飛行機で帰ってこようと思ったらみんなに「飛行機でも結局5時間ぐらいかかるからあんま変わんない」って言われました。

ジョルダンで調べたら本当でした。えっ、飛行機なんでこんなかかるのー!!!!便数少ないんだよ!!って感じです(おこ)

早すぎる若年性脱毛症

通常、30代~40代から発生することが多い脱毛症。
ただ、10代から脱毛症が起こってしまうケースもあります。

脱毛が始まる年齢ではない時に起こってしまう症状を
まとめて若年性脱毛症と呼びます。

私の友人の子供が発症し、治療を続けているのですが、
なかなかよくならないようです。

小学生のうちから脱毛症に悩むことになるなんてあまりにかわいそう。

しかも、若年性脱毛症の原因は多く存在するため、
何が原因なのかつきとめることも難しく、治療もしづらいようです。

原因として考えられているのはストレス・ホルモンバランスの崩れ・内蔵機能疾患ですが、初期自覚症状のないものが多く、脱毛の兆候が見られた時は一度医療機関で診察を受けてみるようにしましょう。

特徴は若年性脱毛症独特のものがあります。

加齢による脱毛症は生え際から後退していくことが多いのですが、
若年性脱毛症は円形脱毛症のように主に一部分が極端に抜け落ちるようです。

現在、効果的な治療法とされているのが、
頭皮のケア・バランスのとれた栄養補給・睡眠くらいです。
ストレスが原因となっている場合は心療内科や精神科による治療で
改善するケースもあるとのこと。

あんなに友達の家庭は幸せそうに見えたのに…
どれだけ子供にストレスが降りかかっていたのでしょうか。

いや、ストレスが原因って判断するのはいけませんね。
もしかしたら内蔵が悪いのかもしれませんし…
詳しい原因はなかなか聞きづらいですが、今度友人とランチに行った時にでも夫婦生活についてでも聞いてみるようにします。

結婚したいなー。やっぱり夫婦生活っていいもの?
ってそれとなしに独身女性っぽい自然な質問をすれば普通に答えてくれるでしょう。

また、友人が抱えている悩みなんかもあわせて聞けたらなと思ってます。
DVとか行われてなかったらいいんですけどね。
余計なお世話かもしれませんが、自分の友人にはやはり幸せになってもらいたいものです。

将来的に自分の育児にも役立つことを聞けるかもしれませんからね。
でも、悪いことばかり聞かされてしまったら結婚したくなくなってしまいそう…
どんなに悪いものでも一度くらいは経験しておきたいなーって思いますけど。

やっぱりウェディングドレス着たいですもの。

船橋に謎の地帯を発見!「行田公園」の不思議な形のわけはなんと「元○○」だったから?

千葉県船橋市に不思議な空間があります。行田公園というんですが、地図でみるとなんで不思議っていってるのかわかると思います。そこだけUFOの基地でもあったみたいに円形の道路で縁どられたエリアがあるんです。

回りは直線と直線が交差してるのに、そこだけ円形の道路があるんです。地上からだと気づかないですけど地図でみると異様で「ここだけなんかあったのかな?」みたいな感じになります。ここだけ周囲と隔絶されてるようなそんな感じです。

もともとここは昔の日本の海軍の通信基地だったそうです。それをアメリカが所有していてその後日本に返還して、それを公園にしたそうです。無線基地だから円形だったとか?まさかでっかい衛星放送みたいなアンテナでもあったとか?想像は膨らみますが実際はよくわかりません。検索しても今の公園の画像とか説明して出てこないんですもの。リテラシー低いのか(笑)

円形の道路で仕切られてるように見えますが、中央に道路が走っていてそこは歩道橋でつながっています。中には団地とかもあって実際の公園部分は扇型に左右(東西)にある感じなので思ったほど広くはありません。でも十分な広さではあります。

芝生とアスレチック用の器具があり子供はもちろん大人も運動できます。そのほかにもマラソンコースもあり、あと何より駐車場が広いです。この辺は郊外の公園のいいところですね。それと10月まではバーベキューもできるんだそうです!

ただアクセスはあまりよくありません。車で行くのが前提です。電車だと東武野田線の塚田という駅が便利です。

その塚田には船橋駅からの乗り換えが便利です。船橋は栄えてます。ただ若い女性などは基本都内まで足を延ばします。船橋だと東京駅、秋葉原駅、新橋駅にアクセスしやすいので銀座にはよく出かけます。

いま、美容系の皮膚科でムダ毛処理してます。クリニックのある場所は銀座なんで遊びに行ったり買い物したりするついでに予約取る感じです。

私が通ってるクリニックでは剃毛もしてくれるので前日に剃っておくとかそんな用意も不要でそこも気にいってるところです。

みなさん腕だけとか腕と足だけとかで最初はやるんだそうですが、その後どんどん他の場所もしたくなって最後は全身やることになるようです。私は最初から全身の処理で申込みました。そのほうお得なんですもん!

傷跡が目立たないニードル法

ニードル法(別名:単一植毛)と呼ばれる植毛法をご存知でしょうか?
世界的に見るとかなりマイナーな方法で日本と韓国のみでしか行われていないものです。1本ずつ植毛株をニードルにセットして押し出すように入れていくといったもの。

ものすごい手間のかかる作業で1000株移植する場合は1000回の作業が必要となります。
そのため施術にかかわるスタッフさんの人数も多いです。

時間もかかりますが、施術後の傷跡が目立たないというメリットもあります。
とにかくルックスを気にする人には良いかもしれませんね。
植毛をしても短髪でいたいけど、手術後が見えたりしないかな…と不安がる必要もありません。

ただ、針の圧力で毛根にダメージを与えてしまったり、顕微鏡を使わない株分けを行うためスリット式の植毛よりも発毛率が下がる傾向にあるようです。

実際、日本でニードル法の植毛をしている所は少ないです。
ほとんどのクリニックがFUT/スリット式で植毛を行ってます。

植毛する部分に針やメスでグラフトにあわせた切れ目をつくって、
ピンセットで一株ずつ植え込んでいくのがスリット式です。

一度に比較的多くの毛を移植できるため、
ニードル法よりも短時間・低価格で植毛できるのが人気の秘密です。

やはり何でも今は安い価格のものが流行ってしまうんですよね。
不景気ですから…
韓国で植毛するのが安いので、わざわざ植毛するために韓国に行く人がいるくらいです。
安全面にはいささか不安が残りますが…
よく考えてほしいのですが、植毛って頭に一生消えない傷が残るんですよ。
それなのに価格だけで施術を受ける場所を決めるのはあまりにも危険ではないでしょうか。

仮に私の旦那が植毛をしたい!って言い出したら私は一番安全面を重視してもらいます。旦那の身に何かあったら嫌ですからね。頭の傷がむき出しになっている人と外を一緒に歩きたくないですし。

常に帽子をかぶっててと言うのも何かしのびないじゃないですか。

安全をお金で買えるのであればケチケチしないほうがいいですよ。
まぁ、高額な施術がいいものだとは限らないんですけどね。

とにかくわざわざ韓国に行く必要まではないと私は思うのですよ。
韓国の人を心から信用することができますか?

水着でパチンコ屋をまわる仕事が決まりました。ムダ毛処理しながら各地を回ります!!

モデルの仕事をすることになったんですが、なななんと水着でパチンコ屋を巡らないといけなくなってしまいました。いわゆるキャンギャルってやつですね。まわりのは西武新宿線沿線だそうです。東京都練馬区から埼玉県所沢市、そして埼玉県川越市みたいな。

事務所から「後で清算していいから毛の処理よろしく!」とのこと。いきなり処理って言われても別に普通に剃ればいいんじゃね、って思ってました。

そしたら他の事務所の女の子はみんなちゃんとムダ毛処理してるんだそうです。全身だそうです。

やっぱりカメラで撮られたりすることが多くて、今のカメラって性能いいので毛穴の1つ1つまではっきり撮れちゃうそうで、だから毛穴が残らないように処理しておかないといけないんだとか。

そうなるとエステとかに通わないといけないのかな~なんて思ってエステのサイトを検索してたら、先輩が「私のクリニック紹介するからそこにしなよ」だそうです。

さっそくカウンセリングを予約、女性のドクターが担当になってくれたので嬉しかったです。ドクターからクリニックではレーザーによるムダ処理になり、期間は全部で1年ぐらいかかるけど、やっちゃえばその後はムダ毛処理をしなくてすむようになることなどを説明受けました。

レーザーを肌に当てるとか正直やばそう、って最初思ってたんですけど、軽い衝撃があるぐらいでそんなに痛いという感じはなかったです。ただ施術のあとはちょっとヒリヒリしたので普通より入念に冷やしてもらいながら、かつお薬も処方していただきました。

施術終わったあとは毛穴もないきれいな肌になります。ただ、1か月ぐらいするとまたムダ毛が生えてくるので(ただし以前より少ないです)、またそれを処理しました。これは何回か施術すると完全に生えてこなくなるそうです。

だから今は仕事のちょっと前にクリニックに行って、きれいになった直後に仕事してもらうようにしています。

あと水着でのぼりとか持って店内練り歩いてるとどうしてもずれてきたり、ひっかかったりで大事なところも見えてきちゃいそうになります。

ですから他の皆さんは全身ムダ毛処理してるんだとか。全身ってつまりその部分もなんですね!「VIOゾーン」っていうんだとか。

だからちょっと恥ずかしいですけどクリニックにお願いして、私も全身処理してもらうことにしました。費用は事務所が清算してくれるし、ま、いっか!

欠点を解消したミニグラフト法

後頭部から採取したドナーを毛髪4~6本ごとのグラフトに分けて
植毛していくミニグラフト法。

従来のパンチ・グラフト植毛と比較すると、グラフトのサイズが
1/3の大きさになっているため、ミニ・グラフトと総称されています。

グラフトのサイズを小さくしたことにより、パンチグラフト植毛
独特の不自然なまばら感を解消しました。

地肌も見えづらくなり、毛の向きも調整できるため、
パっと見て植毛と気づかれるようなことはありません。
もちろんグラフトを小さくしたことにより、弊害も起こりました。

医師とスタッフに高度な技術が求められるようになったのです。
施術の時間も長くなり、患者の負担も増えました。

何ごとも良い面が生まれたら、悪い面もでてくるということですね。

ミニグラフトは最近広まり始めた植毛法なのでまだまだ施術してくれるクリニックは少ないです。高度な技術を有する医師しかできない植毛法なので広まりづらいというのもあるようです。

私の旦那もミニグラフト法で植毛をしようと考えていたみたいですが、
近所のクリニックで行っている所が見つからず断念したようです。
私からしたら全部同じだと思うんですけどね。

旦那のすごい所は価格を一切見ない所ですね。
とにかく自然な仕上がりとリスクを減らすことだけを考えて探しているように思います。一体、どこにそんなお金があったのでしょうか?

今までお金がないからといって、
生活費を切り詰められていたのはなんだったのでしょう?

私が薄毛になった時もお金を出してくれるのかな?
くれぐれも自毛植毛ローンなんて組んでいないことを祈るばかりです。
というより、薄毛を解消してどうするつもりなのでしょう?

結婚をして子供がいてもそんなルックスなんて気にするものなの?
髪のないブサイクなおじさんが薄毛を解消したところで、ブサイクなおじさんに変わるだけなのに…

なんで私はこんな人と一緒になってしまったのだろう。
財産分与をする時に自毛植毛ローンを折半しようなんて言われたらと思うと
怖くて眠れないですね。

植毛なんて贅沢品ですよ。
東急ハンズで売ってるウィッグで十分なんじゃないかと私は思ってしまいますが。
仮に私が薄毛になったら多分そうするかな。

さすがにそんな時間と大金をかけてまで一生ものの髪をとりもどそうとは思えないですね。

新宿歌舞伎町の2丁目エリアにライブハウスが続々誕生中!ヒゲ処理してすべすべの肌になったビジュアル系がたくさんいますよ!

私が追ってるバンドがあって、いわゆるビジュアルなんですけど、その人たちなんと普段は男性向け脱毛クリニックでバイトしてるんだそうです。どおりでキレイなわけですよね!

女性のムダ毛処理の話はわかるんですが男性向けのそういうお店もあるんですね。でも考えてみたらそうですよね。女性スタッフしかいないクリニックに男性客が行くのも気まずいですもんね。

聞いてみたら男性向けのクリニックの場合は「ヒゲ」の処理が多いそうで、きれいなヒゲの形を維持するために行くとかそういう理由みたいです。毛を失くすというより形を制御したいってことなんでしょうか?ヒゲっていうのが男性ならではですね。

メンバーがクリニックのスタッフだけあってたしかにみんな肌がキレイなんです。ビジュアルって厚塗りメイクでごまかしてるパターンが意外と多いんですが、彼らはみんな素肌がキレイなんですよ。だからメイクもキレイにのるんです。ヒゲがないからくちびるのまわりもキレイにメイクできるんですよね。

メンバーがクリニックで働いてるということで思わずムダ毛処理のこと相談してみました。そしたら「女の子なら新宿にすごくおすすめのクリニックがあるよ」って紹介されたんです。

全身脱毛しても比較的リーズナブルで施術もしっかりしてるって話です。メンバーの紹介なら安くなったりしないのかなと思ったけど、全然無関係なところらしくて。ただドクターが元々有名な別の医院の先生だったんだそうです。

そこ行こうかと思うんですけど、なんか人生のすべての出来事が新宿に集約されてきてる気がして、それもきゅうくつだな~なんて感じてます。でもライブの前にクリニック行けて時間有効利用できそうだしいいかも。

ちなみにバンドのホームも新宿歌舞伎町にあるライブハウスなんです。だからライブのたびに歌舞伎町に来てるし、他にもいくつかバンドのライブとか見に来るの全部歌舞伎町のライブハウス。最近ホストのお店の跡がライブハウスになるパターン多いんです。っていうかホストがバンドやって客集めるパターンが増えてるんです。

歌舞伎町でも2丁目のあたりなので普通に飲み屋とか夜の店に行く男性の皆さんはあんまりなじみがないかもしれないエリアですけどね。今度少し足をのばしてもらえたらバンギャ集団のなかに私がいるかもしれませんよ。

活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンに要注意

少しでも脱毛症の知識がある方はジヒドロテストステロン(DHT)という言葉を
聞いたことがあるかと思います。

私の父も毎日うわごとのようにつぶやいています。
このDHTは男性にとって天敵のようなものらしいです。
薄毛は引き起こすわ、皮脂を大量に分泌させるわであまり良い効果をもたらさないみたい。

特に脱毛作用が強く、毛乳頭にあるレセプターと結びつくと毛母細胞に毛の成長を抑制する信号を発するように働きかけます。

すると、髪が十分に成長しきる前に毛周期は休止期に変わってしまうのです。

また、皮脂分泌を促すため毛穴も皮脂汚れで詰まりやすくなり、
炎症などのトラブルが起こり、正常に髪が成長しない原因にもなります。

そのため、DHTをいかに抑制するかが薄毛対策の肝となってくるケースが多いようです。
フィナステリドという薄毛治療薬はDHTを抑制する狙いで処方されているようですね。

意外と知られていませんが、
有酸素運動をすることでもDHTを減らすことができるようです。

これを聞いて私は太っている人に薄毛が多いのも何か納得してしまいました。
動くのが嫌いだからこの人はハゲてしまったのかと…

まぁ、スポーツ選手でもハゲている人がいるので何とも言えないところですけど。
アルシンドや中日ドラゴンズの和田選手がそうですね。

ただ、スポーツ選手は若ハゲになる確率は一般の人と比べると少ないといったデータもあるようです。少なからず、運動と発毛は関係しているのかもしれませんね。

まだまだ薄毛治療に関しては発展段階です。
医学書によっては運動でDHTが増加するなんて書いてあるものもあります。
一般人がネットで軽く調べただけでは正しい情報にはなかなか行き着きません。

やっぱり薄毛になってしまったらお医者さんを頼るのが一番いいのかもしれませんね。

もっとも、そのお医者さんも勉強不足で正しい知識がなかったら元も子もありませんが…何を信用したらいいのかわからない世の中になっているのが残念ですね…

せめて自分だけでも周りから信頼されるような人間になりたいと私は思うのです。
そのためにも日々努力と学習を積み重ねて、正しい知識を豊富に持ちたい。
そして、頭でっかちになるだけでなく、行動に移していきたいですね。

亀戸の駅ビルがアトレに変わって結構立ちますが、早くクリニックがテナントで入らないかと思っています。

ずいぶん前になりますが学生時代に東京都江東区亀戸に住んでいました。その頃はお金なかったのでいつも亀戸での駅前で遊んでました。亀戸駅前には駅ビル「エルナード」があってそことショッピングモールっぽいけどちょっと違う謎の「サンストリート」でよく遊んでました。

エルナードは結構前にルミネに変わってしまいました。といっても中身はそんなに変わらずです。新宿のルミネのようにおしゃれになったわけでもなく、亀戸のニーズにあわせた駅ビルとして燦然と君臨してます。

ルミネの地下は食料品売り場です。惣菜からパンなど普通に揃います。ショッピングフロアは午後9時までの営業なんで早く仕事が終わる人なら買い物できますね。1階はスタバとかカフェが数軒あります。店の内容は変わったものの2~4階はファッションフロアで今はユニクロがでかい顔してますね。

5階は本屋さんがあってカフェもあってまったりとヒマするにはピッタリのフロアで、よくいましたね。スタバより5階のカフェの方が個人的にはおすすめです。

その上は飲食街&なぜかネイルとかエステがあるフロアになっています。

そう、エステが入ってるんですが、エステじゃなくクリニックを入れて欲しかったです。美容系のクリニック。

ムダ毛を剃り続ける人生がいやになって、ムダ毛処理をしたいんですけど友人に「それならエステよりクリニックでやるほうが絶対いいよ」ってクリニックを勧められたんです。

友人がいうにはムダ毛処理で使う機械がクリニックのほうがレーザー光線を使うから強力なんだとか。レーザー光線肌に当てるの怖いんですけど、って思ったけど「そんなに痛くはないしクリニックだから麻酔とかしてくれるよ」とのことです。クリニックだから薬の処方とかもしてくれるのでそこも安心できるところらしいです。

もちろんエステより肌に負担かかるようですけど、トータルで通院する回数はクリニックのほうが少なくて済むみたいだし、何よりレーザーで処理すれば再び発毛することがほとんどないそうです。

そう、ムダ毛とおさらばできるんです。

これは魅力ですよね。人生のなかでムダ毛処理にあてる時間、トータルで考えたら結構なものじゃないですか?それがなくなるなんて!その分他の事ができるわけです。お風呂の時間も短くなるし。いいことだらけです!